2003/10/11(土)at鳴海

 1999年から東海道五十三次を歩いて京都まで行ってみる,ということをやってます.これまでの間に歩いたのは下の表にまとめた通り,安城まで到着してます.

日付 区間 日付 区間
01日目 1999/04/02 日本橋〜大森町 12日目 2001/08/18 江尻(清水)〜丸子
02日目 1999/09/23 大森町〜保土ヶ谷 13日目 2001/09/23 丸子〜藤枝
03日目 1999/10/09 保土ヶ谷〜藤沢 14日目 2001/10/20 藤枝〜掛川
04日目 2000/05/14 藤沢〜大磯 15日目 2001/11/23 掛川〜見附(磐田)
05日目 2000/06/11 大磯〜小田原 16日目 2002/01/02 見附(磐田)〜天竜川
06日目 2000/06/17 小田原〜箱根湯本 17日目 2002/02/22 天竜川〜舞阪
07日目 2000/08/05 箱根湯本〜元箱根 18日目 2002/03/23 舞阪〜二川
08日目 2001/05/12 元箱根〜三島 19日目 2002/05/25 二川〜藤川
09日目 2001/05/26 三島〜東田子の浦 20日目 2003/04/27 藤川〜安城
10日目 2001/06/19 東田子の浦〜蒲原 21日目 2003/09/27 安城〜桶狭間
11日目 2001/07/20 蒲原〜江尻(清水)

 今回は22回目,桶狭間から先を歩きます.

 桶狭間,といえば聞こえは良いが,駅名としては「中京競馬場前」である.駅の名前だけでなく外観も競馬関係になっているが,駅舎の改修費用を競馬場が補助したためらしい.と,桶狭間が近くにあるなどということは鉄道だけではまったく判らないのだが,それでも良いことが有って,競馬場が営業している日はこの駅に停車する急行が増える.なので,予定よりは早くこの駅に到着できたのだが,既に時間は14時を過ぎており,歩ける距離は限られそうである.
 そうはいっても桶狭間の古戦場とされる場所は駅から歩いて2分とかからない,旧東海道の1本裏道である.表敬訪問をするのも良いだろう.考えてみると今川義元の領土を通過するのに2年半近くかかったことになる.これが長いのか短いのかはよく判らない.しかも,桶狭間の古戦場はこの場所よりも少し南の田楽狭間のほうが正しいという説が有力である.写真だけとって退散することにした.
 

 桶狭間から10分ほど,国道を渡って裏道のようなところに入ると名古屋市に入り,有松というところになる.ここは国道からはずれたことを活かして,町並み保存に力を入れている.といっても保存されているのは江戸というよりも明治時代の豪商の家と考えた方が良いが,今の日本からみるとその差は小さな差となってしまっている.保存されていることの方が珍しいのだ.
 今年2月に亡くなられた宮脇俊三先生の著作「室町戦国史紀行」では有松についてタクシーの運転手が「古い家など少ししかないのですよ.お客さんを案内しても,期待外れだと苦情を言われて閉口しますな」とボヤく話が乗っているが,確かに道の両側にずらっと旧家が並ぶ,などということを期待することは出来ないが,これで期待外れだという人は何処に行っても期待外れなのではないか,という程度には残っている.改築に安っぽい新建材を使ってないのも良い.
   

 有松を過ぎ,名鉄の踏切をわたり15分ほどで鳴海宿の入口を示す常夜灯がある.ここからは鳴海宿であるが,鳴海宿も有松と同様に昔の町並みを保存しようとしているようで,古い感じの家が多い.しかし,新建材の使用が制限されているわけではないらしく,そういう意味では美しさは無い.
 その鳴海宿の入口辺りに中島砦があったというので,注意してみてみるが,小川が2つ合流する場所,というだけの場所であり,治水技術の発達した今となっては,なんでもない場所である.しかし,昔は湿地の中の砦,攻めるに固く守りに安い場所であったのであろう.
 

 鳴海宿の中間地点辺りで道は左に90度曲がる.これも,城が小高いところにあるので,等高線に合わせて道を造ると城を取り囲むような道になった,というだけのことであり,城下町に良くあるような,防御のために道を複雑にしたものとは違っている.その証拠といっては何だが,鳴海城から連なる岡である千鳥塚の麓,ここは鳴海宿をでてすぐの場所なのだが,には貝塚の跡があった.古代では,東海道は海岸線であったのだ.
 鳴海宿の出口にも,入口同様に常夜灯がある.このあと道は笠寺に向かっていくのだが,古代では海の中であったはずの場所であるためであるか,東海道は産業道路となっており,当時の面影はほとんど無い.トラックの行き交う中を,笠寺に向かって歩くことになった.
 

笠寺〜熱田編へ続く→


月猫ツーリストトップページに戻る


るなねこ夕霧/井上〒長(lunacat@mbe.nifty.com)