2003/10/11(土)at熱田

 天白川を渡ると笠寺に入る.笠寺で最初に目に入るのは笠寺の一里塚である.かなり大振りの木がY字路になったところに立っており,手前に空間が有ることもあって非常に良い木に見える.それを写真に撮っておこうと思ってカメラを構えたところ道路標識やら電信柱やらがどうやっても被写体にかぶる.木の周りをぐるぐる回って,なんとか撮影するが,やはり道路標識は居すわったままである.これ以上は無理なのであきらめることにした.ものを残しても空間を残さないと,ものの価値は半減すると思うのだが.

 写真の撮れない一里塚から少し坂を上ると,今度は笠寺観音が登場する.ここは尾張四観音の一つとか宮本武蔵ゆかりの寺とか,そんなふうに紹介されるらしいが,そんなことよりも山門を撮影しようとすると路上駐車しているトラックが邪魔で仕方がない.何とか撮影するが,どうもさえない.さえないのは自分の腕前なのだが,トラックのせいだということにしておく.
 山門をくぐって寺の中に入ると,観音なので色は派手である.本堂もしっかりと赤く塗られている.それよりも,二層の塔のほうがかわいらしいと感じるのだった.
 笠寺観音をでると,そこは門前町といった風情で,いい感じだと思ってシャッターを押そうとすると車が邪魔をして横切っていく.どうも今日は思うように写真が撮れない.
 

 笠寺の門前町を過ぎ,裏通りと化した旧東海道を歩く.沿道では祭りをやっている.子供神輿は威勢よくわっしょいと掛け声をかけるが,神輿を良くみると台車がついている.掛け声の中で,ごろごろという台車の音がした.見るからに重そうではない.

 その後,大きなパチンコ屋の横を通過し,バリアフリーのかけらも無い歩道橋をわたり,ブラザーの工場を見て国道の側道に入ると,熱田,江戸時代の地名でいえば宮宿に入る.とはいえ,名古屋に取り込まれた今となっては,ただの裏の路地でしかない.あまり冴えない通りを歩いていくが,既に時刻は17時が近い.光量が足りない.

 そして,やはりバリアフリーのかけらも無い歩道橋をわたり,住宅街を3分ほど歩くと,目の前に海が見えた.七里ノ渡しの跡だ.やぐらが復活していたりして当時の様子を再現しているが,伊勢の国が少しでも見えるかと思って埠頭の先に立つが,見えるのは鉄橋ばかりである.その鉄橋を新幹線が通過していった.何のことはない.今見ている海の上の鉄橋は,今までに何十度となく通過している新幹線のものだったのだ.
  

 もう17時も過ぎ,日暮れも近いが,今日は桑名にまでは行ってみようと思う.とりあえずは,最寄り駅の地下鉄伝馬町駅に向かった.

夜の桑名編へ続く→


月猫ツーリストトップページに戻る


るなねこ夕霧/井上〒長(lunacat@mbe.nifty.com)