電子手帳としてのPalm


 Palmが苦手な人のためのCLIE PEG-T600C入門というタイトルに誘われて,この記事を読んだのですが,文中のPocket PCをZaurusに,ThinkPad S30をJornada690に置き換えると,ほとんど私と同じですね,この方.

 私が思うに,Palmって良くも悪くも手帳なんだと思います.えっと,システム手帳ってものがあるじゃないですか.あれって,最初は意味も無くいろんなリフィルを入れていって,気づくと35mmリングでもリングが閉められない状態になったりします.で,そういう人のシステム手帳を見せてもらうと,漢字字典のリフィルやら,A4の資料を折りたたんで穴空けたものやら,雑多に入ってたりすることも多いです.そういう人に限って,「システム手帳って便利って言うけど,確かにこれ1つだけ見ればいいんだけど,なんか探しにくいんだよね」と言ってきたりします.
 この人の問題点はおわかりでしょうが,1つの物に過度に集中させてしまったため,収拾がつかなくなっている訳です.解決には,たとえばスケジュールとアドレスはシステム手帳,営業資料はA4の薄めのファイル,というように分散させたほうが良いでしょう.辞書なんてそう頻繁に使わないなら持ち歩かないのも一つの手です(笑).確かにいわゆる「ポケット一つの原則」っていう,情報をストアする場所は1つにしようという発想がありますが,これは何も情報を入れる入れ物を1つにまとめろということではなく,同じカテゴリの情報を必要以上に分散させないように,ってことなんだと思います.

 さて,PDAについても似たようなことが言えます.
 PocketPCやPalmといった手のひら型PDAというのは,もともとは電子手帳から発展してきたわけですが,最近は音楽が聴けたり,動画が見られたり,ネットでチャットができたりと,様々なことが出来るようになってます.ただ,そうやっていろいろなことが出来るようになるのは良いのですが,代わりに余り電池が持たなかったり,ネットにつないでいる間は音楽が聴けないとか,いろいろと思っても見なかった問題が発生します.こうなると分厚すぎるシステム手帳と同じで,便利なはずのものが不便になる訳です.特に,Air H"を使用した長時間接続をするようになると,そして掲示板等に頻繁に書きこむようになると文字入力を大量にするようになるので,なおさら不便に感じるようになるでしょう.
 こうして,PDAにも用途に応じた使い分けという発想が出てきます.大抵はネット&長文用と手帳用に分けますかね.このばあい,手帳用として選ぶのはやはりPalmかなという気がします.

といった辺り,いかにも手帳という感じです.

 しかし,もともと手帳としての用途しか考えてないための制限というものがあるわけで,音楽再生とか通信とか,普通手帳ではやらんだろということは今限り苦手なわけです.いいじゃない,みんな手帳からPalmに移行してくるんだから,手帳で出来ることがちゃんと出来ることが重要よ.確かにそういう考えもあるでしょう.しかしそれだけでは,PDAは電子の手帳,つまり電子手帳でしかありません

 電子手帳は結局のところ手帳の電子化ですから,電子手帳なんか使わなくても紙の手帳で充分,という人も多いわけです.しかし,そのように紙の手帳を使っている人が興味を向けてもらえない状況では,PDAは広く普及したものとは言えません.
 現状,PDAはまだ一部の人のおもちゃ的な扱いをされており,人によってはゲームボーイとの区別がつかない,なんてことを言うこともあります.このような状況はPDAの使用において社会的に認められていないが故の不利益を蒙ることも多々あります.このような状況は我々のような先端的ユーザの布教活動と共に,メーカー各社が魅力ある製品を出すことも重要です.PDAメーカー各社は,PDAを使用した手帳を超えた未来を提案してゆく必要があると思います.今これがちゃんと出来ているのは,残念ながらSONYだけではないかと思います.

 このようにPalmが手帳であることには利点と欠点が同居しています.Palmが,そしてPDAが今まで以上にメジャーになり,携帯電話のように社会に違和感なく溶け込むためには,手帳を超えた何かを提案できなければなりません.手帳を維持しながら手帳を超える.この難題にPalm OS5で答えることが出来るのか,私は応援しつつ見守りたいと思います.

(2002/02/13 初版)
(2002/03/18 誤字を修正)


月猫ツーリストトップページに戻る


るなねこ夕霧/井上〒長(lunacat@mbe.nifty.com)